山の日によせて

何も考えず、 美しく偉大なものと対面しているこういう時間があるからこそ、 私は終生山にあこがれ、山を愛しつづけるだろう。  by新田次郎 今年から新たに国民の祝日となった「山の日」 山の日で真っ先に思い出すのは、 新田次郎の「孤高の人(上・下)」という本のこと... (ちなみに先日の記事の藤原正彦は新田次郎の御次男。 写真は津軽岩木スカ…

続きを読む

未来への道しるべ~美的感受性~

前の記事で紹介した『PHP 7月号』で、未来への道しるべのページに掲載されていた 藤原正彦さん(今、この人に聞きたい)のお話が印象的で美しかった。 ”「数学」と「自然」は、一見無関係のように思われるかもしれません。 しかし、数学の研究をする上で重要なのは、実は、美的感受性です。 野に咲く一輪のスミレを美しいと思えるような感性が必要なのです。” 6ページに…

続きを読む

小さくて大きな存在『PHP』

先月、外出先で見かけて、 しばらくぶりに手にとって眺め 購入した小冊子『PHP』 その7月号にあった今月の言葉が、 妙になつかしく胸に届いた。 めくるめくような太陽の下で、 ぬぐえどもぬぐえども 汗が流れおちて、 (中略) どうにもこうにもしようがなくて、 ただ水をのみ、ただ耐える。 それでも夏は夏であってほしい。 その夏があればこそ、…

続きを読む

ビートたけしさんの言葉

東日本大震災の直後に ビートたけしさんが「週刊ポスト」誌上で語ったインタビュー記事を、 先日初めて読む機会があった。 その全文から伝わってきたのは、 「一個人にとっての命の重みを想像できなきゃ 当事者の心は理解できないぞ」 そんなメッセージ・・・ 今も世界で多発する自然災害やテロで失われるていく命... ”よく「被災地にも笑いを」なん…

続きを読む

平和な世界を夢見て

"What a Wonderful World" ルイ・アームストロングが歌う 平和な世界を夢見て書かれた曲 「この素晴らしき世界」 最近またこの曲をよく聴いている。 九州熊本・大分地震のとき... バングラデシュ・ダッカ人質テロ事件を知ったときも... オバマ大統領の広島スピーチを聞いた後にも この曲が聴きたくなったのは、 平和への願いが込…

続きを読む