世界に向けて紹介された「弁当の日」

"子どもが育つ環境を整えたい" 2001年、竹下和男さんが香川県・滝宮小学校の校長在職中にスタートさせた 子どもひとりで作らせる「弁当の日」 その「ひろがれ"弁当の日"」の取り組みが、 2015年のミラノ万博日本館で世界に向けて紹介され、 未来の子どもたちの食と農をよくしていくための 優れた教育実践だと評価された。 "買物から後片付けまで子どもが一人でつくるお弁当"…

続きを読む