「ものは考えよう」お助け!?人生相談

「あなたの悩みを一緒に考えます。」

現在、PHP掲載中、
相談者の考え方の転換をうながす土屋教授のオタスケ!
人生相談が、ユニークで面白い…♪


   なるほど、ものは考えよう。。にゃっ?


think-about-1217109_640.png



例えば、こんな悩み・・・
  
 ある一人の友人との付き合い方に、悩んでいます。
その友人は、会うといつも、私のダメな点や礼儀にかなって
いない点などを2、3ヵ所ほど指摘します。
たまになら良いのですが、毎回なので、こちらは辛く、
元気がなくなり、うつな気分になります。
 仕事柄、どうしても週4回くらいは会わなければなりません。
このような友人とは、どのような付き合い方、考え方を
したらよいのでしょうか。
    (鹿児島県・主婦・72歳・女性)




回答・・・

 わたしも欠点や失敗を妻に指摘されています。それも毎日です。
でも苦になりません。
自分は愚かで軽率で下品で醜くて利己的だと思っているからです。
 わたしだけでなく、どんな人も欠点だらけです

偉大な人も例外ではありません。どんな科学者も、世界の謎を解明する
知能がないことを嘆いていますし、ウサイン・ボルトも、どうして
もっと速く走れないのかと悩んでいると思います。だからこそすべてを
投げ打って研究や練習に打ち込んでいるのです。

 そもそも欠点があったからといって、それが何だというのでしょうか。
欠点は、よくも悪くも(欠点は愛嬌にもなるので有利な面もあります)、
自分の一部です。事実として認めるしかありません。
欠点を認めた上で、笑いものにすればラクになります。

 お友達に対しては、自分から欠点をさらしましょう



 (中略)



オタスケ!.JPG

    月刊PHP 2016年10月号より抜粋


 わたしは、ホメ合う関係より、欠点を認め合う関係を目指そうと、
大学では学生に尊敬されないよう多大の努力を払い、見事それに成功しました。
ただ成功しすぎたため、いまだに教え子との会話はこうなります。

 わたし「恩返しを忘れないように」
 教え子「ロクでもないことしか教わらなかった恩ですか?」
 わたし「ロクでもないことがどうして分かる?授業中寝てばかりいたじゃないか」
 教え子「間違ったことを教わるより寝ている方が被害が少ないんです。」




これぞツチヤ哲学!? といった感じ... (゚∀゚)

苦しみや悩みなんか笑い飛ばしてしまいましょう!!!

われ悩む、ゆえにわれあり
-さまざまな悩みにユーモアたっぷりに答えます!


  ※相談はコチラ✒-投稿募集のページ-


わたしのやり方は「説得」である。
わたしの回答に多少でも納得してくれることを願っている。

 by 土屋賢二(お茶の水女子大学名誉教授)




この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444410965

この記事へのトラックバック