ビートたけしさんの言葉

東日本大震災の直後に
ビートたけしさんが「週刊ポスト」誌上で語ったインタビュー記事を、
先日初めて読む機会があった。



その全文から伝わってきたのは、

「一個人にとっての命の重みを想像できなきゃ 当事者の心は理解できないぞ」
そんなメッセージ・・・



mother-1039765_640.jpg

今も世界で多発する自然災害やテロで失われるていく命...



”よく「被災地にも笑いを」なんて言うヤツがいるけれど、
今まさに苦しみの渦中にある人を笑いで励まそうなんてのは、
戯れ言でしかない。
しっかりメシが食えて、安らかに眠れる場所があって、
人間は初めて心から笑えるんだ。”

「『被災地に笑いを』なんて戯れ言だ」より



バイク事故で九死に一生を得た体験のあるビートたけしさんの
震災当時の言葉を、
現在進行形のメッセージとして受け止めたいと思った。



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440078514

この記事へのトラックバック